平素は、晴幸福祉会の運営にご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 当法人は、平成5 年4 月に開設して以来、「心をこめる」「情熱をもつ」「人との縁を大切にする」を経営理念に掲げ、高齢者福祉に邁進してまいりました。3 年毎に中期経営計画を策定し、財務の安定、サービスの質の向上、職員教育、業務の効率化について計画的に取り組んできました。人材不足が顕著になり始めた平成29 年度からは床行性介護リフトや体位変換支援ベッド、見守りカメラ等を導入し、利用者様にも職員にも優しい施設づくりをモットーに機械化を進めました。その結果、職員は「介護職人」として主体的に誇りをもって職務に取り組み、ご利用いただいていますご家族様からは、認知症ケアや看取り介護の分野でよりご満足いただけるようになったのではないかと思っております。
 令和2 年度からは、「終の棲家」をコンセプトとし、余生を葛城山麓にある自然豊かなこの地で家庭菜園やお料理教室、音楽教室等で楽しみながら安心してスローライフを送っていただけるよう全力で取り組む所存です。皆様におかれましては、引き続きご支援、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

背景画像

介護方針

(1)入園者の皆さんが、楽しく自立した生活ができる 施設を実現します。
(2)入園者の皆さんの生活の場として、快適空間を実現します。
(3)入園者の皆さんの健康維持に努めます。
(4)御家族さんの思いを大切にします。
(5)明るい施設、明るい職場を実現します。
(6)より良い介護のために介護技術の向上に努めます。

当法人の職員は介護職人を目指します。認知症ケア領域、看取り介護領域、介護教育領域を徹底的に探求していきます。認知症専門的知識をもち、科学的根拠に基づいてケアしていきます。ご利用者様の意思が尊重され、穏やかな生活を実現します。介護者負担軽減に最大限尽くします。介護職員を希望する人が自信と誇りをもって就業できるように介護教育にも力を注ぎます。葛城市の地域住民が認知症の理解を深め、地域全体で認知症の人を見守ることができる地域へと変えていきます。

背景画像

背景画像

Page Top